序章

2007年4月30日 (月)

はじめに

 生命体としての存在を維持するために不可欠なもののひとつ、そしてホモ・サピエンスにのみ神から許された“快楽の追及”としての「食」。

 個々の食材や調理方法、あるいはそれにまつわる文化文明についての記述・蘊蓄は、様々な分野の方々が尽力しすでに多くの蓄積が存在する。ここで改めてその部分に触れることには、あまり意味を持つこととは思えないと同時に、すでに膨大な量の情報とイメージを一本のラインを通じ取得している私にとって、それらの概念や実像をどう捉え統合し、我々の子孫に遺してゆくのかという本能的な意思の沸騰を感じる。

 単なるエネルギー源であった物質が、現代社会に至るまでの間にどのように変化しそのステージを創りあげてきたのか。社会科学的な捕捉も必要であろうし、アートとしての視点で考察することも要求されるであろう。

 切り口は無限にあるが、先ずは日常の事象からセルに記憶してゆく。セルが集まり一つのニューロンが確立し、また別の異なるニューロンが形成されシナプスを生む。

 最終的にどのようなシナプスが現れるのか想像もつかないが、非常に楽しみにしている。なお、私は学者ではないので論理の確立のために整合されたチャプターを持ってはいない。従って偏向したベクトルで進行することが予想に難くないが、前もってその旨ご容赦いただくことをお願いする次第である。

                                                2007.04.30. Art-Foods                                                    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月29日 (日)

このサイトの構成

1.序章

2.食育

3.食文化の科学性

4.過去からの変遷

5.言語とのかかわり

6.アートとしての食文化

7.食文化のシナプス

| | コメント (0) | トラックバック (0)