« 利便性の功罪(5) | トップページ | 調理の技~生で食べる »

2007年6月 5日 (火)

利便性の功罪(6)

 そして筋違いの知識は消費構造にも変化を加えた。 いつでもどこでもすぐに手に入る食品供給体制を消費者と供給側が躍起になって作り上げ、夢の飽食国家は出来上がった。

 技術の革新は工業製品だけでなく、食品加工やその搬送にも利便性を付与してくれる。 朝、下関に水揚げされた鯖は瞬く間に築地に“生きたまま”運ばれ、夕方には我々の食卓を賑わす。 北海道で収穫されたアスパラは航空機で太田市場に運ばれ、翌日には大阪の串揚げ屋でベーコン巻にされている。 生産者も消費者の要求に合わせ出荷の時刻を調整する。 

 地産地消をどんなに声高に叫ぼうと、大方の消費者がソコの部分を理解し行動しなければ商売人は利益の上がる方を選択するだろう。 かくして地元産品は鮮度を失い商品価値のないものとして廃棄処分される運命となる。

 これらの事象は地域社会の経済問題だけでなく、長距離輸送量の増大に伴う環境汚染問題、不要なエネルギー消費といった国家的あるいは地球的な損失として計上されてゆくのだ。
 現在の消費構造が変わればそれに伴い産業構造も別の形になるだろう。 失業の心配をする向きもあるかもしれないが、杞憂は無用だ。 構造改革を計画性をもって執行すること、すなわち従来の産業から一次産業へのシフトを国家プロジェクトとして段階的に行えば、より健全な体質の国家に生まれ変わるだろう。

 ハコものや道路・空港といった巨額予算だけに目がくらんでいたゼネコンも、国家指導のもとに海洋資源生産巨大企業に変身できるだろうし、安全で高品質な農業生産品のコンダクターになれるチャンスもある。
 豊かな国創り、美しい国づくりは「食」をいかにプロデュースできるかにかかっている。 先端エレクトロニクスもそれからでいいではないか。

 「付け焼き刃」という言葉の意味を、わが身に照らしてもう一度確認すべきである。

|

« 利便性の功罪(5) | トップページ | 調理の技~生で食べる »

食文化の科学性」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 利便性の功罪(6):

« 利便性の功罪(5) | トップページ | 調理の技~生で食べる »